はじめてでも失敗しないために┃株式取引で初心者が押さえるポイント

選ぶ基準について

株

株を学ぶ方法は、独学で行うパターンと、通学や通信で学ぶ、学校を活用するパターンの2種類が考えられます。独学はコストがかからないメリットがあり、学校を活用する方法は、効率よく学ぶことが出来るメリットがあります。したがって、時間的にゆとりがある場合には独学で、金銭的にゆとりがあるのであれば学校を活用するのが基本的な考えとなります。なお、株の学校には通学講座と通信講座がありますが、通学できる環境にあるのであれば、通学した方が良いと言えるでしょう。あるいは、通信講座であったとしても、例えばSNSなどを通じて株仲間を作ることができる体制にあるところを選択すべきです。なぜなら、株取引は、少しずつ注目を集め始めてはいるものの、まだまだ孤独を感じてしまうことが多いからです。仲間ができることによって、モチベーションを維持することへとつながりますから、ぜひ、選択基準の1つとしておきましょう。自己投資で大きな飛躍をしましょう。

皆さんがもし、「株の学校に通う目的は何か」と問われたならば、「利益をあげたいから」と答える方がほとんどだと思われます。したがって、利益を上げることができる学校選びを行わなければならず、インターネットの情報に加え、リアルな情報を収集することが重要となります。まず、インターネット上で行うべきことは、検討している学校のホームページをじっくりと確認することです。ホームページに、利益を上げた受講生の実績が数値化されていたり、受講生の声が豊富に掲載されているのが理想的です。また、講座の内容について動画サイトに公開しているようであれば、これもぜひ閲覧しておきたいところです。続いて、リアルの声を聞くのであれば、ぜひ、無料で行われているセミナーや見学会への参加を実行してみましょう。なお、セミナーよりも、通常の授業を見学できる見学会の方が、リアルな学校を垣間見ることが可能です。

Copyright© 2017 はじめてでも失敗しないために┃株式取引で初心者が押さえるポイント All Rights Reserved.