はじめてでも失敗しないために┃株式取引で初心者が押さえるポイント

株の投資を始める心得

グラフ

初心者が株式投資を行う場合、まずは長期保有を前提とした知識を得ることが重要です。購入単価を下げるように工夫することで、自然と短期売買のタイミングもつかめるようになるからです。そのための知識を得られるセミナーに参加することが必要となります。

詳しく見る

表

投資用の情報商材として

分析ソフトを利用する手法が株式売買を行う上であります。その注意点としては、複数のものを併用して運用することが挙げられます。パフォーマンスをチェックして、その内容を入れ替える作業を行うことが大切です。

詳しく見る

株

支援ツールを活用

株式の動きを毎日ウォッチすることはとても難しいことです。特にサラリーマンなど時間がない場合にはがほとんどです。このアラート機能を支援してくれるのが専用ソフトです。アプリケーションやインターネットなど形式は様々です。

詳しく見る

グラフ

投資判断に役立つツール

分析ソフトは株式投資を行う上で必要となる、様々な手間を省いてくれます。これは銘柄選びや売買のタイミングを分析して提示してくれるものです。参考にして注文を出すことができるので、効率良く投資活動を行うことができます。

詳しく見る

表

基本的なことを学ぶ

株式取引は多くの人から注目されています。その理由としては、株主優待など魅力的な内容が充実しているからです。そしてこの取引を学ぶための専門的な学校が人気になっています。スクール形式やインターネット上のなど形式は様々になっています。

詳しく見る

株

選ぶ基準について

株の学校を活用するメリットは、仲間ができることと、利益を上げることに繋がる点の2つが挙げられるでしょう。通学講座やSNSなどを通じて仲間が作れる環境にあること、受講生がしっかりと利益を上げており、それがホームページで公開されていることが望ましいでしょう。セミナーや見学会への参加も有効です。

詳しく見る

お金

投資は副収入に繋がります

投資はリスクを伴う分、高い利回りを目指す傾向があります。都市綜研インベストバンクの不動産投資商品はリスクが低くて高利回りなので、人気があります。利点が多いので推測に基づく噂が多いですが、自ら検証することが大切です。

詳しく見る

貯金箱

手軽に個人投資家に

まずは証券会社で口座を作ることが、個人投資家になる第一歩です。その後、口座に入金をし、個別株や投資信託を購入すれば、個人投資家となります。また、個人投資家ではNISA口座を用いることで、証券投資に掛かる税金を非課税にできるメリットが生まれてきます。

詳しく見る

株

コツコツと貯めてみよう

純金に関心はあるものの、宝飾品やインゴットでは高すぎて手が出せないと諦めているのであれば、純金積立を検討することをお勧めします。月々3000円程度から始めることができます。年会費や購入手数料を確認したうえで申込しましょう。

詳しく見る

グラフ

少ない投資資金でも

不動産投資信託のことをリートと言い、そのほとんど上場しています。また実物の不動産に投資するのに比べて低い金額で投資することができる点に特徴があります。またそれぞれオフィス系や住宅系などその投資信託が投資している不動産の用途を把握しておくことが大切となります。

詳しく見る

表

まずは投資をしてみよう

上場不動産投資信託をおすすめする理由はいくつもあります。例えば、分散投資の効果が得られることや、スケールメリットが得られることです。その他にも高い収益性や保有資産のクオリティーの高さも注目ポイントです。

詳しく見る

移動平均線を武器に

株

株式取引をしている人の中で、株価チャートを見たことがないという方はおらず、初心者の方も必ず目にしたことと思います。株価チャートは、現在のトレンドを知るうえで必要不可欠なもので、購入時、売却時には必ずチェックしておきたいものです。そして、株式の売買のタイミングをはかるために、必要不可欠な指標として「移動平均線」というものがあります。初心者も熟練者も含め、多くのトレーダーが活用している指標ですから、これに関する知識と活用法はぜひマスターしておきたいところです。特に、短期や中期で売買を行うトレーダーを目指すのであれば、株価チャートに移動平均線は必ず表示させるべきと言えるでしょう。まずは、ご利用の証券会社のツールに、5日、25日、75日の移動平均線を表示するよう、設定を行いましょう。

移動平均線とは、5日、25日、75日のそれぞれの期間の株価の平均額をそれぞれ線で結んだもので、通常、うねりを伴って日々動きます。5日移動平均線のように短期間の線は、短期のトレンドを読むときに効果的で、25日や75日はそれより長期間のトレンドを読むことに優れています。株式の初心者の方は、この移動平均線をいろんな銘柄で、あるいは過去に遡って眺めてみると良いでしょう。これらの移動平均線のうち、特に25日線や75日線が上値抵抗線になっていたり、下値を支える支持線となっていることが多いと気がつくはずです。また、株価が各移動平均線の下にあるときは弱く、上にあるときは強いこと、移動平均線が下向きの時は弱く、上向きの時は強いことも把握できるでしょう。これらの性質には訳があって、多くのトレーダーたちが、この移動平均線を基準として売買をしているからです。株式の初心者の方はぜひ移動平均線と株価の位置関係、そして傾きについて学び先を読む力を養いましょう。

Copyright© 2017 はじめてでも失敗しないために┃株式取引で初心者が押さえるポイント All Rights Reserved.